Captain Kein第三十話 炸裂!クリティカルブレード!!

Captain kein

先手を取ったのはケインチーム!果たしてフランスは形勢逆転できるのだろうか!?

登場人物

日本

東京

ケイン→物語の主人公。最弱だったが、ニック相手に勝てる強さを手に入れた。戦闘センスの素晴らしさをダグに見込まれ成長してゆく。2019年団体戦日本大会決勝では氷呪を下した。

ダグ→物語の準主人公。ワールドクラスの実力を持つ炎の剣士。人望がないため、第一回ストロングバトルは個人戦のみ出場。日本一を取り世界へ挑むもブラジル最強のアリアスに圧倒的敗北を喫する。そんな中、ケインと出会い共に修行する。2019年団体戦日本大会ではサンダブル、スパルダルを下した

ジュー回復魔法においては日本一と言われる実力者。しかし、フィジカルの弱さが課題であり本人も負い目を感じている。
顔の傷で女性にモテなくなることを恐れて気が動転しすぎており、ダグに言われるまで自分の回復魔法で治せることを気付かなかった間抜けな一面もある。

ニック日系アメリカ人だが、東京の青梅の山奥に籠っている。フィールドを掘り起こした岩を武器に戦うことが多い。ダグと対戦し互角の勝負を繰り広げた。引き分けるも、激昂しダグをボコボコにしようとするところ怒れるケインに完全敗北する。2019年団体戦日本大会決勝では忍ぞうを下した

彼ら4人は世界大会でどこまで勝ち抜けるのか見ものである。

大阪

氷呪(ひょうじゅ)ダグの終生のライバルと呼ばれる。ジューに大怪我をさせた悪者。氷の剣士。昨年度は団体戦、個人戦ともに世界大会出場。個人戦の日本大会では決勝でダグに敗北。ダグとは100戦48勝52敗で負け越しているのをだいぶ気にしている。団体戦世界大会では準々決勝、アリアス率いるブラジルに圧倒的敗北を喫する。個人戦世界大会では、ベスト8まで勝ち進むもドイツのシャナに敗北。2019年の日本大会ではケインに敗れる

サンダブル→氷呪チームのNo.2の男。敵に当たれば確実に一撃で仕留めるという天下無敵の雷の蹴り技を持っている。2019年の日本大会でダグに敗れる。

忍ぞう日本一のスピードスター。珍しい忍者スタイルで周りの目を惹く。実力もワールドクラスだ!氷呪チームの隠れたNO.2と呼ばれる男である。2019年の日本大会でニックに敗れる。

スパリダル→卑怯者。しかし、腕は目を見張るものがありなぜ反則スレスレの卑怯な手ばかり使う男なのか疑問でもある。万能の喧嘩屋である。その才能を氷呪に買われ仲間になった。2019年の日本大会でダグに敗れる。

ブラジル

アリアス→世界最強の男。圧倒的実力で団体戦、個人戦共に優勝。あまりに強く、世界中から恐れられていると同時に憧れの的だ。

サリーブラジルNo.2の男。アリアスの影に隠れているがワールドクラスの実力を持っている。力技、テクニックともに優れた選手。「アリアスさえいなければ俺が世界ナンバーワンなのに…」が口癖。ちょっと可哀想。幼い頃女性のような名前でいじめられたことがあり強くなることを決意し、結果強くなったひたむきな男である。

ダゴンズブラジルの力自慢。2018年度世界大会では力でアメリカのデレビと競い合い勝利。しかしダゴンズも大きく負傷をしデレビを世界一の力を持つ男と認めている。

デグウズブラジルの剣士。世界一と曰く付きの剣術を持つ男だが、大体の敵をサリーやダゴンズが片付けてしまうものだから出番がなく少し悲しい思いをしているそう。しかし、その強さは…!?謎多き男である。

 

ドイツ

シャナ世界一を狙っているワールドクラスの実力者。団体戦、個人戦共に決勝まで行くもアリアス率いるブラジルに敗北。ブラジルとアリアスを強烈にライバル視し、復讐に燃えている。炎の蹴りがとてつもなく強烈で、氷呪曰く、ダグの炎の斬撃以上だそうだ。

ロサリオ団体戦では主にシャナのサポートで活躍。戦局を読むのに長けており、シャナではなくロサリオがキープレイヤーではないかと囁かれる程である。

クレイドイツのスピードスター。スピードに関しては世界ナンバーワンの男と呼ばれ対ブラジル戦での奇襲兵としての役を全うし、ブラジルメンバーを戸惑わせるも動きだしたアリアスに圧倒的実力差を見せつけられる

ドーラー→2019年ドイツチーム加入の最強の巨人。パワーが半端ない。実力は世界トップレベルだ

フランス

ビートフランスの美しき芸術家。銃使い。変幻自在の曲がる追跡弾が非常に厄介。昨年団体戦では準決勝で惜しくもドイツに敗北。しかし、ドイツのシャナを倒せなかったとはいえここまで苦しめる男も中々いないと世界で話題になっている。

ナリカフランスの荒くれ者。攻撃力に長けており、ビートとはいいバランスが取れている。

グロスべ→フランスの空手マン。日本に行ったことがないのに空手の達人。

パリン→フランス最後の砦。戦闘力は未知数

アメリカ

デレピアメリカのリーダー。幼き頃のニックを雑魚扱いしアメリカから追い出した張本人。力に関しては世界一と言われている。ブラジルの力自慢、ダゴンズも認めるパワー。

バッヂョアメリカのNo.2。元同郷のニックのことなど眼中にない。今年はブラジルのダゴンズさえ倒せればなんでもいいと思っている

ドラムアメリカの力自慢

ドリアンアメリカの力自慢

アメリカはゴリゴリのパワーチーム。パワーでナメられたら終わりという考えを全員が持っている

アルゼンチン

デカンタ→10年に1人の天才と呼ばれる男。圧倒的な実力とテクニックを持つが、アルゼンチンがデカンタのワンマンチームすぎることを悩みとしている。タイマンならアリアス相手でも勝てると思っている。2019年期待の星である。

パルスアルゼンチンチームの一人。主にデカンタの補佐をしている。デカンタとのコンビプレイも見事なものである。

 

アルゼンチンはデカンタのカリスマだけでほぼ成り立っているようなワンマンチーム。しかし、デカンタは強くドイツのシャナやブラジルのサリーに劣らないと言われている。今年は勝ち上がり世界一の男…アリアスを越えることができるか!?

 

マレーシア

ゴウジ→マレーシアチームのキャプテンにしてブレーン。相手の弱点を見透かし攻撃する。合理的な戦いをする男だ!ダークホースのチームと言われるだけあり実力もワールドクラスと噂されている

 

ヅグゴ→マレーシアチームの副キャプテン。唯一の女性選手。パワーと体力が自慢。

 

ゴングリー→パワーなら誰にも負けないと豪語する男。音楽で攻撃するという厄介な技を持っている

ブラッド→謎の選手。だが、ブラジルチームに今大会で一番危険な選手だと察知されている。また、ダグは彼の脅威を見破っている。

 

先制はケインチーム!このままで終われないフランスチーム

審判:すごい!!このレベルの戦いはなんだ!!入り乱れる攻撃の中初めてのダメージはケイン選手がナリカ選手に与えたぞ!!

ナリカ:チッ!このままじゃ絶対に終わらねえぞ…ケイン!!

ブラジルチーム

サリー:さすがケイン…といったところか?世界トップレベルの実力を持つナリカにダメージを与えたことで実力を示したな

アリアス:ああ。だがこのまま終わるフランスではないはずだ…

サリー:ビートの野郎が不気味だ。何かを隠している気がしてならないぜ。

アリアス:…

ドイツチーム

ロサリオ:レベルの高い戦いなこったで。どう見る。シャナ?

シャナ:このままで終わらないよな?ビート…

ロサリオ:ふっ。お前さんらしいのう。フランスはビート以外眼中にないってか。ビートはもちろんだがナリカやグロスべも世界トップレベルだぞ

シャナ:世界トップレベルといっても実力にだいぶ幅はある。圧倒的トップのアリアスから最底辺のグロスべまで。様々だからな。

ロサリオ:では、グロスべと新たに世界トップレベルと言われるようになったニックとどっちが勝つと思う?

シャナ:興味な…

シャナが興味ないと言おうとしたところでドーラーが口を挟む

ドーラー:ニックだな。

ロサリオ:ほお?

ドーラー:俺はニックはやる男だと思っている。この試合どっちが勝つかは知らんがニックはグロスべには負けんだろう。

ロサリオ:まるで、お前さんが戦ってみたいかのようやのう。ドーラーよ

ドーラー:まあな。アメリカ戦を見ていても思った。ニックは骨のある男だ。

試合に戻る

ダグ:助かったぜ。ケイン。だが…

ケイン:驚きだな。フランス…覚醒2のダグ、光る変身を使った俺…でやっと互角とは。

ダグ:いや…あいつらは全然全力じゃねえよ。

ケイン:なに?!

ダグ:これからが本番だ…来るぞ!!

ビート:やはりダグは面白い。ケインも…こんな奴らが日本という後進国にいることが面白い!

ナリカ:おい!俺にやらせろビート!こいつら調子に乗せたら厄介だ!

ビート:下がっていろ。アレを出す!

ナリカ:なんだと!?もう俺たちはそんなに追い込まれているのか!?

ビート:いや。ただ早いうちにこいつらは叩いといたほうがいい…

ダグ:ビート!!こいつをくらいやがれえええええ!!地獄の業火!!!ヴォルキャニック!!バーニシーーーング!!!(炎の艶がかった斬撃がビートに飛んでゆく)

ビート:ほう…ダグの必殺技か…だが!!

ギィーーーーーーン!!!

ダグ:な!!

ビートが盾で弾いている。

ダグ:評判以上の防御力だ…俺の覚醒2のヴォルキャニックバニシングでも破れねえだと…

ビート:いい攻撃だ。だが…ドイツのシャナの炎の蹴りには及ばない!

ダグ:な…!!

ビート:くらえ…クリティカルブレード…(剣を生成して超スピードで連続斬りをダグに繰り出す)

ダグ:バカな!ビートが剣…しかも速い!!ぐはあああああ!!(斬りつけられる)

スパパパパパパ!!!

ケイン:なにぃ!ダグ!!!

炸裂!クリティカルブレード!!

ケイン:ダグ!!

ダグ:くそ…なんだ今の斬撃は…チッ…思わぬダメージだ。血が止まらねえ…この傷は…

ビート:どうしたダグ…剣士がそんな簡単に斬られていいのか?

ダグ:ああ。これは剣士の恥だ。貴様が何かを隠していることは見抜いていた。だがまさか…剣。しかもこれほどの腕前…恐れ入るよ。この剣術…どこで

ビート:1年前の大会でドイツのシャナに負けてから身につけたものだ。急造とは思えない腕前だろ?

ダグ:ああ。大したもんだ。

ビート:今度はお前だ

ビートはケインを指差す

ダグ:ケイン!来るぞ!気を付けろ!奴の斬撃は!!

ケイン:来てみろ!

ダグ:クソあれを止めるには間に合え!!オアアアアアア!!(覚醒3に変身する)ビートオオオオ!!

ケイン:ダグが全力で向かっているこれは俺も変身しておいたほうが、、はああああ!(光る変身2になる)

ナリカ:てめえの相手はこっちだよ!ダグ!キャノンキックだ!!(強烈な蹴りをダグに向かい繰り出す)

ダグ:(チッこの距離で間に合うか際どいところで邪魔が)どけえええ!(ナリカを斬りつける)

ギイイイン!!

審判:ダグ選手とナリカ選手の激しいぶつかり合いだ!!どっちが制した!?

ナリカ:ガフッ(ダメージを受ける)

ダグ:ヌルいぜ

ビート:だがもう遅い!クリティカルブレード(ケインに激しい連続の斬撃をくらわす)

ダグ:クソおおおお間に合え!ケイン!!

ケイン:必ず止め

スパパパパパ!!

ケイン:ぐわああああ!!(斬られる)

ニック:ダグに続いてケインまで斬られた!

ダグ:ビートオオオオ!!アアアアア!(ビートに斬りつける)

ビート:ムダだ!

ギイイイン!!

ビート:その程度か(止める)

ダグ:チッこの野郎。想像を遥かに卓越する強さじゃねえかよ。こいつを倒さなきゃ世界を取るなんざ不可能だなぁケイン

ケイン:あぁ。

第三十一話に続く

タイトルとURLをコピーしました